Month: October 2019
筋トレ以外で新陳代謝を上げる方法

ダイエットに必要なのは脂肪を燃焼するために代謝を上げることです。 筋トレは代謝を活性化するのに欠かせないとよく言われますが、筋肉は体のエネルギー消費の70%を占めているため、トレーニングをして筋肉量を増やすのは理にかなったダイエット方法です。 そのほかにも血行を良くして体を冷やさないようにしたり、肺活量を増やして心肺機能を高めることが代謝を上げるためには重要になります。 筋肉を育てて血行を良くするためには、バランスの良い食事を摂る必要があります。 魚からタンパク質とDHAやEPAなどを摂り、水分代謝を良くするためにかぼちゃやニラなどのカリウムを含む食材を多く摂るようにします。 体はなるべく冷やさないようにして、首や腰などの冷えやすい部分は厚着をして体温を下げないように心掛けましょう。 しかしバランスの良い食事を気にかけているとつい食べる品目が多くなって、気付いたら体重が増えていたというケースもあります。 食事量の多いアメリカなどでは、肥満対策としてオーリスタットという成分が薬として利用されていて、食事の前に服用して脂肪分の吸収を防いでいます。 オーリスタットは酵素であるリパーゼの働きを抑える作用があり、体に脂肪をため込まずに外へ出すように促すもので、食事から摂取した脂肪分のおよそ30%をそのまま排出します。 肥満症の多いアメリカでは医薬品として認可されているので、安心して服用できます。 オーリスタットを含んだ薬にはゼニカルやジェネリック薬品のオルリスタット、ビーファットなどがあります。 1日3回食事の前に飲むようにするのですが、ビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンも一緒に排出してしまうため、オーリスタットを服用する時は食品やサプリメントなどでビタミンを多く摂るようにしてください。

2019年10月07日