公開履歴
スリムな女性

最近、なにかと話題のダイエット方法として知られるようになったのが、ダイエットピルです。
こちらは、美容外科や肥満外来のある内科などで、標準体重以上の肥満気味の人に処方されるやせ薬になります。
ダイエットピルには、脂肪の排出を促すものと、食欲を抑制するものなどがあります。
その中でも、摂った脂肪分や脂質を体外に排出する効果のある成分として、オーリスタットというものが有名です。

これは、ゼニカルというダイエットピルに含まれる有効成分であり、食事と一緒に摂ることでその中に含まれる脂質などの30%を便と共に排出してくれるものです。
その効果は立証されており、アメリカのFDAでも認可を受けているくらいの信頼度の高い薬になります。

日本国内では医師による処方のほかに、個人輸入による海外からの通販に限り、法的に入手することが認められているのです。
食事制限をしなくていいゼニカルを通販してダイエットを開始してみてください。

ゼニカルは一般名ではオーリスタットといわれますが、最近は成分や効果が同じであるジェネリック医薬品も数多く出ています。
ジェネリック医薬品のよいところは、同じ効果が期待できるのに費用がかなり安く済むというところでしょう。

オーリスタットのジェネリック品としては、ビーファットやオルリファスト、オベリット、リポエイトなど、かなり多くの商品が販売されています。
それぞれ価格は異なりますが、成分は同じオーリスタットが配合されているので、ダイエット効果があるでしょう。

持病などがある人の場合では、医師に相談したほうがいいでしょう。
個人輸入の場合では、申し込み、入金からの発送になるので、1週間から10日くらいの日数がかかるものなのです。

食事制限はしなくてもいいのですが、栄養不足にならないようにバランスのよい食生活を送るように心がけましょう。

記事一覧
筋トレ以外で新陳代謝を上げる方法

ダイエットに必要なのは脂肪を燃焼するために代謝を上げることです。 筋トレは代謝を活性化するのに欠かせないとよく言われますが、筋肉は体のエネルギー消費の70%を占めているため、トレーニングをして筋肉量を増やすのは理にかなったダイエット方法です。 そのほかにも血行を良くして体を冷やさないようにしたり、肺活量を増やして心肺機能を高めることが代謝を上げるためには重要になります。 筋肉を育てて血行を良くするためには、バランスの良い食事を摂る必要があります。 魚からタンパク質とDHAやEPAなどを摂り、水分代謝を良くするためにかぼちゃやニラなどのカリウムを含む食材を多く摂るようにします。 体はなるべく冷やさないようにして、首や腰などの冷えやすい部分は厚着をして体温を下げないように心掛けましょう。 しかしバランスの良い食事を気にかけているとつい食べる品目が多くなって、気付いたら体重が増えていたというケースもあります。 食事量の多いアメリカなどでは、肥満対策としてオーリスタットという成分が薬として利用されていて、食事の前に服用して脂肪分の吸収を防いでいます。 オーリスタットは酵素であるリパーゼの働きを抑える作用があり、体に脂肪をため込まずに外へ出すように促すもので、食事から摂取した脂肪分のおよそ30%をそのまま排出します。 肥満症の多いアメリカでは医薬品として認可されているので、安心して服用できます。 オーリスタットを含んだ薬にはゼニカルやジェネリック薬品のオルリスタット、ビーファットなどがあります。 1日3回食事の前に飲むようにするのですが、ビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンも一緒に排出してしまうため、オーリスタットを服用する時は食品やサプリメントなどでビタミンを多く摂るようにしてください。

2019年10月07日
ダイエットしながら上げるべき新陳代謝

ダイエットで注意すべきなのは新陳代謝の低下です。 太っている人は元々新陳代謝が低いことが多いのですが、ダイエットを行うとさらに低下することが多いのです。 これは人間の身体には、以前の体型を維持しようとする調節機構があるからです。 ダイエットで食事量を減らすと、身体は新陳代謝を落とすことでカロリー摂取量の減少に対抗し、体重を減らすまいとします。 ダイエットをしばらくやっていると、体重が落ちなくなってくるのはそのせいです。 この状態でダイエットをやめて元の食事量に戻すと、新陳代謝が低下しているので以前より太ってしまいます。 これはオーリスタットを飲んでダイエットする場合にも当然当てはまります。 オーリスタットは体内への脂肪吸収を抑制することで、カロリー摂取量を減らす薬です。 これによって食事制限と同じ効果を得られるわけですが、身体がそれに対抗して新陳代謝を落とすのも、食事制限をした場合と同じなのです。 ですからオーリスタットを飲み始めてしばらく経つと、以前のようには体重が落ちなくなってきます。 新陳代謝を上げるためには、定期的な運動が不可欠です。 運動それ自体によるカロリー消費は実は大したことありませんが、運動によって筋肉をつけることは基礎代謝を向上させるのです。 筋肉は動かすときにエネルギーを使うだけでなく、維持するのにも多くのエネルギーが必要だからです。 運動以外に有効なのは、食事を何回かに分けてとることです。 食事と食事の間隔が空いていると、身体はエネルギーをため込もうとして代謝を低下させる傾向があります。 相撲取りが一日2食なのもそのせいです。 痩せたいなら相撲取りと逆のことをやるべきなのです。 それとスパイスがきいた食べ物やカフェインを含む飲料も、代謝を向上させます。

2019年09月07日
オーリスタットで体調を崩す可能性

今、若者の間で話題になっているダイエット方法として、ダイエットピルの服用というものがあります。 これは、脂肪を排出する効果のある薬や食欲を抑制するような働きのある薬を服用することによって痩せる効果が期待できるというものになります。 通常、ダイエットピルというのは、医療機関で医師の処方を受けることで手に入れることができるものなのです。 ですから、手間と費用がかかります。 それでも肥満気味の人には運動などをせずにダイエットを進めることができるとのことで、人気があるのです。 その中でも、脂肪を排出する効果のある薬として、オーリスタットという成分が配合されているものが人気です。 これは、食事と一緒に摂ることにより、その中の脂肪分や脂質の30%程度を便など共に排出してくれる効果があるのです。 ですから、その分の脂肪は体内に吸収されることがないので、ダイエット効果があるというわけです。 排出される脂肪分は目に見えるくらいの効果があるのです。 しかし、オーリスタットというのは油分を排出するということで、脂溶性のビタミンなども一緒に体外に出てしまうことがあるので、注意が必要になります。 脂溶性ビタミンというのは、ビタミンAやDなどになります。 ですから、カロチンなどを含む野菜や果物などを多く摂るように心がけましょう。 また、そういったビタミンのサプリメントを摂るようにするのもいいでしょう。 これらのビタミンの不足によって、肌荒れや口内炎などになったりして、体調に異変があらわれることもあるのです。 ですから、オーリスタットを含むダイエットピルを服用するときには、栄養摂取に気をつけて、特に脂溶性のビタミンを摂るようにするといいでしょう。

2019年08月18日
オーリスタットは食欲を抑制しない

ダイエットピルというのは、医療機関で処方される痩せ薬のことであり、特に肥満の人にはダイエット効果があるということで、治療薬にもなっているのです。 その働きとしては、脂肪の吸収を妨げたり、食欲を抑制するなどが挙げられます。 脂肪の吸収を阻害する働きのある成分としては、オーリスタットという成分があります。 これは、ゼニカルという先発医薬品に含まれている成分であり、食事と一緒に摂取することで食事の脂肪分や脂質などを体外に排出してくれるものなのです。 その仕組みとしては、脂肪の分解酵素であるリパーゼに作用することで、その働きを阻害して、腸で吸収するはずの脂肪分を便と共に体外に出してくれるのです。 その効果は絶大であり、余分な油分が体外に出ているのを目で見て確かめることができるくらいなのです。 ですから、オーリスタットは脂肪分の吸収を阻害する効果があるのです。 それに対して、食欲を抑えるための薬もあります。 それがサノレックスです。 これは、満腹感を感じる満腹中枢を刺激することで空腹感を感じなくするものであり、それにより食事の量が減り、ダイエット効果があらわれるという仕組みなのです。 これらのダイエットピルは、医師による処方のほかにも海外からの個人輸入に限り、法的に認められているのです。 最近はインターネットのサイトでも数多く紹介されており、オーリスタットの先発品や後発品、サノレックスなども入手することができるようになっているのです。 個人輸入では、医師の診察も必要がなく、費用も安く抑えられるので、かなりお得に手に入れることができるのです。 自分の体と相談しながら、どのダイエットピルがいいのかを判断して購入、服用するようにしましょう。

2019年07月30日